真空成形のウエプラは、短納期で試作1個から大量生産まで行うプラスチック加工メーカーです。
真空成形機18台 真空成型機最大サイズ:2,700X3,300X1,000  1,200X4,500X1,400

会社概要真空成形圧空成形曲げ加工打ち抜き加工設備情報製品情報プラスチックトレー採用情報お問合せ
HOME > 3次元追加工/プラスチック加工 > プラスチック加工方法







プラスチック加工方法

プラスチック加工方法

プラスチック加工には、様々な手法や成形方法があります。また、材料によっても、棒材、角材、板材と様々で、数量、用途、形状によって最適な成形方法を考える必要があります。

一般的に良く知られる成形方法としては、射出成形、ブロー成形、真空成形、圧空成形、切削加工とあります。この他に、金属加工の同じように曲げ、溶接、溶着といった加工に加え、インサート成形、光造形、積層造形など多種多様に存在します。



プラスチックの材質・種類

一般的にプラスチックとは合成樹脂をさします。合成樹脂とは、高分子化合物からなる物質の中で、成型品や薄膜にして使用することを目的として人為的に製造された物をいいます。これとは、逆に合成でない天然樹脂には植物から採ったロジンや天然ゴム等があり、鉱物質ではアスファルトが代表的なものです。 プラスチックは、大きく分けて2つに分類されます。 

それは「熱可塑性プラスチック」と「熱硬化性プラスチック」で、基本的な性質は下記の通りです。

熱可塑性樹脂

熱可塑性樹脂の性質は熱を加えると軟らかくなり、冷やせば固まります。普段の生活の中でもあらゆるところに使用されています。

熱硬化性樹脂

熱硬化性樹脂の性質は、熱可塑性樹脂と同じで、熱の加えはじめは流動化しますが、その内次第に化学変化を起こして固まり、その後いくら熱を加えても軟らかくはなりません。



プラスチック成形品の塗装工程

自動車塗装工程(アクリルウレタン塗装、2液塗装)  
成形品サンディング−水ぶき−IPAふきとり−治具セット−塗装−乾燥  −検査−仕上(ポリシング)

真空成型品塗装工程(アクリルラッカー塗装、1液塗装)
表面検査−水ぶき−塗装−乾燥−検査



プラスチック成形の型の種類

型の種類  アルミ型(AL型) ケミカルウッド型  アルミ鋳物型  木型  樹脂型  

アルミ型(AL型)はアルミブロックから削りだしをするため、表面がきれいで透明材、めっき製品、小型真空成形品、圧空成形品、プレス成形品などに多く使われます。

アルミ鋳物型は鋳物を使用するため材料が安く、大型真空成型品、プレス成型に多く使われます。 樹脂型はデータがないとき、製品から反転をして型を作ります。真空成型品に使用します。

ケミカルウッド型はデータから切削で作るときの試作真空成形型、プレス成形品に使用します。

木型は形状が簡単な場合、コストを安く抑えるために使用します。真空成型品、プレス成型品に使われます。製品の表面はよくないです。



プラスチック板成形の種類

熱成形(熱成型)

プラスチックシートを加熱軟化させ、形状を作る成型方法です。

真空成形とは

熱成形のうち最も広く普及している成形方法です。雌型または雄型のいずれか一方だけを用いてシートを金型に合わせた形状に成形する方法で、熱可塑性樹脂のシートを加熱軟化させたのち、すみやかに型とシートとの隙間を真空(減圧)にし、シートを型に密着させて、冷却後空気を吹き込んで成形品を取り出します。雄型を使う場合を雄型成形(ドレープフォーミング)、雌型を使う場合を雌型成形(ストレートフォーミング)と言います。

圧空成形とは

シートの熱成形の方法です。熱可塑性樹脂のシートを加熱軟化させたのち、シートを下側の型と上側の圧空BOXにてはさみ、圧力により型に密着させ、冷却後空気を吹き込んで成形品を取り出します。真空成形に比べ高い圧力を得られる利点があります。

プレス成形

主にアクリル・ポリカ・ペットの透明製品または、看板面板の成型で使用。利点は、成形時材料が型に密着しないため、透明性、平面性を確保し易い。

フリーブロー成形

クランプ枠に板(アルミ・木・ベイク)を貼り付け作成。型当たりさせずにエアーで膨らます成形で、製品外観はきれいになります。

NC加工

NCルータマシンのヘッドの先端にルータビットを固定し、真空成型品を切削(トリミング)をする加工方法です。

 



▲TOPへ

JIS Q 9100 認証取得 / ISO 9001 認証取得JIS Q 9100 認証取得
ISO 9001 認証取得
エミダス・プロ真空成形(真空成型)、圧空成形(圧空成型)プラスチックカバーの製造、プラスチック加工/樹脂シート(板)の事なら何でもお問い合わせ下さい。
営業範囲は関東を中心に日本全国(現在 秋田から九州まで)広範囲に活動しています。
植木プラスチック 株式会社
本社:〒373-0847 群馬県 太田市西新町8-7 TEL. 0276-31-3116 / FAX. 0276-31-3119

Copyright (c) 2011 Uepura. All Rights Reserved.

NCネットワーク